このページを印刷

Arabella Murray-Nag (アラベラ・マリーナグ)

創作提案

天然のものと人間が作ったものを組み合わせて彫刻インスタレーションを作成する。

地元の様々な年齢層の子供たちに植林、植物の絵を描く、観察などするワークショップを開く。自然に採れる食材(ニラ、キノコ、ベリー、ハーブなど)を使って地域の人と料理をしたい。

帰国後計画

ブログにて阿蘇での生活から報告を始める。阿蘇で作った地元料理をワークショップを開いて紹介する。

Holdfast Collective official website, GSA Sustainability In Action Group,で紹介する。地元アーティスト雑誌などに記事を書く。

Artsit in ASO 2014 Art Work

 若干22歳という最年少での滞在制作は、いろいろな意味で刺激が多かったことでしょう。特に共同制作へと展開するポーランドのカタリーナさんとの出会いは、今後の活動に影響を及ぼしていくと思いました。創作提案をしていた彫刻インスタレーションから、酒蔵という展示空間やそこにある道具を使ったスペシフィックな表現に至るのは、異国文化の地場に溢れるファンタジイに目が眩んだからなのかも知れません。事実、階段を登った彼女の部屋は暗闇で、ペンライトに浮かぶ昆虫の形象や影、苔むす糸巻き機でした。作家の無意識と共振した闇の空間が幽霊の物語となって現れたのでしょうか。

 

 カタリーナさんとのコラボレーションは、彼女の新境地になり映像制作、インタラクティブで音響的なインスタレーションなどへ展開しました。阿蘇の小学生とのワークショップや大学でのレクチャーなどは熊本の人々との交流を深め、アートを通じた国際交流が実現したと思います。

追加情報

  • NAME: Arabella Murray-Nag
  • Place to stay (滞在先): 阿蘇市
  • Nationality(国籍): British(イギリス)

画像ギャラリー